このブログでは、整理整頓についての記事を書いています

モノに居場所を作ってあげる

投稿日時:2015-09-28 10:35:06

テレビなどで整理整頓が出来ている人の部屋を見てみると、みんな、モノにそれぞれの居場所を作ってあげていることが分かります。例えば、洗面台なら、ドライヤーはここ、髪留めはここ、という具合にです。

また、十分なスペースを確保できない場合には、わざわざDIYなどをしてまで、スペースを作り出すこともあります。とにかく大事なのは、モノ一つ一つに居場所を作ってあげることなのです。大雑把にモノの居場所を決めておく人は多いのですが、それでは、どうしても煩雑になってしまいがちです。

日々の生活の中で、時折、モノの煩雑さに不便を感じることがありますよね。そんな時こそ、改善のチャンスなんです。不便だなぁと思ったら、見逃さずに、その場所を使いやすいように改造してみるといいと思います。そうした小さな努力を積み重ねることによって、徐々に、部屋全体が整頓されていくのではないかと思います。

広告

冷蔵庫を収納してみよう

投稿日時:2014-09-02 08:48:59

家の中でも、目の見えないところは収納がおざなりになっていることも多いですよね。特に、冷蔵庫は必要な時以外に開けることがないので、意外と荒れがちです。

でも、もし彼氏などが家に遊びに来て、飲み物を飲んでいい?と聞いてきたとき、冷蔵庫の中身を見せられないようでは幻滅されてしまいます。冷蔵庫って家の縮図みたいなものですから、そこを片付けられないようではお部屋も綺麗にならないんじゃないかなと思います。

冷蔵庫の収納方法って、お部屋の収納と通じるところがあって、基本的には「収納位置を決めておくこと」と「デッドスペースを作らないこと」が重要になります。まず、モノの収納位置ですが、使用する頻度の高いジャンルのモノは取り出しやすいように、下から順に収納していきます。また、賞味期限が切れそうなものを入れておくエリアを確保しておくのも大事です。収納位置を決めたら、トレーを用いるなどして、エリアごとに区切っておくと色々便利ですよ。

あとは、デッドスペースを出来るだけ無くすために、タッパや入れ替え用の容器を使いましょう。冷蔵庫の収納スペースって限られているのに、買った時の食材の容器は形がバラバラなので、うまく収納できないことがあります。そこで食材や調味料などを、あらかじめ用意しておいた容器に入れ替えることで、綺麗に収納できるようになるんです。

これら二つのことを実践するだけでも、冷蔵庫は格段に綺麗になりますよ。女子力は、こうした小さなところから試されているんじゃないかと、私は思います。

広告

雑誌を整理整頓する2つの方法

投稿日時:2014-08-14 12:30:44

男性はどうかわかりませんが、女性って意外と雑誌を読みますよね。ファッション雑誌とか、その他諸々、気になった雑誌はすぐ買っちゃうんですけど、気がついたら読んでいない雑誌が溜まってしまいびっくりします。雑誌がたまり始めると、不思議と部屋が汚くなっていくので、しっかりと整理していきたいものです。

まず大切なのは、整理整頓の基本でもありますが、必要なものと必要のないものを分別することです。ですが雑誌や本って、読んでないところがあったり、もう一度読むんじゃないかって思うと、中々すてられてないものですよね。

そこで、2つのことを実践していくといいと思います。一つは”捨てることを意識する”ことです。雑誌や本は取っておくものじゃなくて捨てるものなんだ、という考え方を前提にして、自分の中で捨てて良いものの基準を決めておきます。例えば、一度読んで満足したら捨ててしまうとか、ルールを決めておくと、簡単に整理整頓することができます。

もう一つは、気になる部分だけを切抜きしてしまうことです。雑誌を切抜きするのは勿体無い気もするかもしれませんが、大体ほかの部分は読まないものです。見たい部分だけ残しておけば、おそらく十分です。切り抜いたものは、収納ケースにまとめておくといいと思います。

あとは残った雑誌・本・収納ケースを本棚に収納するようにすれば、OKですね!

洗面所の収納のコツ

投稿日時:2014-08-08 12:34:23

洗面所って置いておかなきゃいけないものが多い割に、スペースは小さいので、つい散らかりがちです。私もそうですが、特に、女性の場合だと化粧道具とかも必要になってくるので、余計にかさばってしまうんですよね。

でも、誰かを家に招き入れたとき、その人がお手洗いなどに行ったりすると、洗面所を見られてしまうかもしれません。もし、その人が彼氏だったりしたら、目も当てられないです...。ですから、乙女たるもの、洗面所はいつも清潔感のあるスペースにしておかなければなりません。

洗面所の特徴といえば、なんといってもスペースが限られているところにありますが、実は気づかぬところに、まだ利用できるスペースがあるかもしれません。いわゆる、デッドスペースと呼ばれるところです。洗面所には意外にも、このデッドスペースが多く、それをいかに活用するかが収納の鍵になってきます。

例えば、洗面器の下。当然そこにはモノを収納していると思いますが、有効に使えているでしょうか?底の部分にただ無造作にものを置いているだけで、上部はデッドスペースになっていませんか?100円均などで突っ張り棒を買ってくれば、そのデッドスペースは埋められるんです。他にも、洗濯機の上はどうでしょうか?ドラム式の洗濯機ならば、その上のスペースはデッドスペースになるはずです。棚を据え置いたりすれば、そこにも収納スペースを作ることができます。

後は、こうして作り出した収納スペースに、必要に応じてモノを置いていくだけです。洗面所の収納のコツは”デッドスペース”にあり、ということを覚えておいてください!

メイク道具の収納を考える

投稿日時:2014-06-27 12:17:05

メイク道具を出し入れするのが面倒だから、テーブルの上とかに化粧品が出しっぱなしになっているのは、散らかりがちな女性の部屋ではよくあるパターンです。特に、私みたいなOLだと毎朝時間がないので、つい化粧をしたあとに片付けないで、道具が散乱したままの状態で出かけてしまいがちです。しかし、このような状態だと恥ずかしくて人は呼べませんし、化粧道具を出しっぱなしにするのは衛生的にも良くないんですよね。

私も以前はそのようなことがありましたが、いまでは女子としてのプライドを守るために、メイク道具の整理整頓を欠かしていません。とはいえ、私は”メイク道具をの収納スペースを作る”という、たった一つの簡単なことしかしていません。

雑貨屋さんに行くとよく売っている、アクリルケースってありますよね。私はそれをいくつか買ってきて、重ねて、引き出し付きの収納BOXとして使っているんです。引き出しの中には、ジャンル分けしてメイク道具を入れていきます。これだけです、簡単ですよね?

多分、女性の多くがメイク道具を散乱させてしまうのは、メイク道具専用の収納スペースを確保していないことが原因なんじゃないかなと私は思います。収納BOXを用意するだけでも、化粧品は意外と散乱しなくなりますし、今までメイク道具でパンパンだったポーチにも、最低限のものだけを入れればよくなるので便利です。

メイク道具は女性の武器ですから、皆様も収納スペースを作って、メイク道具を丁寧に扱ってあげてはいかがでしょうか?

靴の収納を考える

投稿日時:2014-06-12 08:54:17

女子のオシャレで、服と同じくらい大切なのが”靴”ですよね。季節とか目的ごとにファッションが違ってくると、その数だけ靴を揃えたくなるものです。私の場合だと、買い物先でいい靴を見つけると、こんな時に使えそうだな…と想像して、ついつい買い込んでしまいます。

ただ、靴というのは服と違って収納がすごく難しいです。私も以前は、玄関に収納しきれない靴が溢れていて、とても人を通せるような状態ではありませんでした...。しかし、今では靴も上手に整理整頓できるようになり、ますます女子力がアップしたと思います!

私が靴の収納のために実践しているのは、誰でも簡単にできるような、たった二つのことだけです。

一つは「使わない靴は別のところにしまっておく」ということ。玄関に靴を収納できるスペースというのは限られていますから、使用頻度の低い靴は他の保管スペース(押入れなど)にしまっておきます。例えば、冬用のロングブーツを出しっぱなしにしていても、夏にそれらを履くことはありませんよね?他にも、結婚式などのイベント用の靴とかも、すぐに取り出せるところであれば、別のところにしまっておいても問題ないと思います。靴も服と同じ容量で、その時使う靴だけを玄関に出しておくようにすると、整理する靴の数が少なくて済むのです。

あと私が実践しているのは、靴の収納の工夫です。使う靴を整理したとしても、ただ玄関に平置きしているだけだと見栄えも悪いですし、収納スペースを効率よく使うことが出来ません。ですから、シューズストッカーやシューズハンガーなどの収納アイテムを利用して、収納スペースを最大限に活かすようにしています。

玄関は言ってしまえば、おうちの顔です。ですから、いつ人が訪ねてきてもいいように綺麗な状態をキープして、女子力の高い玄関を目指しましょう!!

使ったものは元の場所に

投稿日時:2014-03-07 20:50:23

仕事をしていると普段部屋を掃除する時間がなくって、女の子でも部屋を散らかしてしまいがちです。

休日になって、さあ片付けようと意気込んでも、溜まりにたまった散らかりを掃除するのにはため息が出てしまいます。

私も整理整頓を心がけ始めたばかりの頃は、収納スペースを作ってもなかなか部屋が綺麗になりませんでした。

でも、たった一つのことを心がけるようにしただけで、ビックリするくらい部屋が片付くようになりました!

それは「使ったものは元の位置に戻しておく」ということです。

仕分けした場所からモノを持ち出したときは、使い終わったら出来るだけ早く元の位置に戻しておきます。

つまり、モノが常にいる場所を決めておくのが、整理整頓の秘訣なんです。モノがいつも定位置にあれば、部屋にモノが散らかることは殆どないです。

部屋をキレイにしておけば、急に部屋に人が入ることになったとしても、余裕を持って通せますね。

なるべく仕分けを心がける

投稿日時:2014-03-04 09:45:27

私の家は、以前まで散らかり放題で、とても「女子の家」とは呼べませんでした。

ですが、このままでは彼氏は出来ない!と決意し、整理整頓を心がけるようになりました。

そんな私の「整理整頓のコツ」ですが、家の中にあるものは、なるべく「仕分け」した方が良いと思います。

例えば、引き出しの中とか、収納ボックスとか、片付けられない人って、掃除する時は何でもとりあえずその中に入れちゃえ!って人が多いと思います。

でも、いざ何か必要になった時に、どこにあるか分からなくって引き出しの中も収納ボックスもひっくり返して探して、また掃除のしなおし…ってことが結構あります。

そんな時に、掃除の時に予め仕分けしておくと、本当に後が楽なんです!

例えば、引き出しには100均で買ってきた板とかでパーティーションを作って、「ここはペン」「ここはメモ帳」とか決めておくと、あとで必要なものだけを取り出すことが出来ます。

収納ボックスも一緒で、「ここはトップス」「ここは下着」とか決めて仕切るだけで、片付けが楽チンになります!

服の収納を考える

投稿日時:2014-02-25 20:44:18

OLだと家の中に衣服が大量にあって整理整頓がとても大変です。会社に制服があれば良いのですが、ないのでとにかく服の量が多いです。

どのようにしてこの大量の服をきれいに収納するかがテーマです。まずは一年間全く着ていない服は処分します。

これでだいぶ量が減ります。意外に一年間着ていない衣類は多いです。

そして次に春夏秋冬で衣類を分けます。そして今が春なら秋物冬物の衣類は全て圧縮袋に入れて、かさばらないようにして見えない所へしまいます。

そして下着、トップス、スカートパンツなどはしっかりと段ごとに分けて収納します。家の中に脱ぎっぱなしの衣類は絶対にないように心がけることが大事です。

また穴が空いているなどは縫ってまた使える物は早く縫ってしまい、使えないのなら高価な物であったとしても二度と着ないので捨ててしまいます。とにかく家の中はすっきりとさせたいので、衣類で部屋が溢れてしまわないように、いつもきれいに収納することを心がけています。

雑誌はなるべく早く捨てた方がいいと思う

投稿日時:2014-02-18 10:25

キレイに整理整頓された部屋って良いですよね。以前まで、私は「片付けられない女」でした。

ですが、これではいけない!と思い整理整頓を習慣づけるようになりました。しばらくは面倒くさかったのですが、それが習慣になると当たり前になって、片付いていないと落ち着かないぐらいになりました。すると、毎日家に帰るのも楽しみになり、女子力もアップです!

私は、家の整理整頓のためには、まず「雑誌」の処分が大切だと思います。雑誌って、毎月増えていくものなのに、古いのはついつい置いたままになっていたり、まだ読むかも…と捨てずに取っておきがちですよね。そうするうちに、結構な量になってしまい、捨てようと思っても大仕事になってしまい、結局後回しということに…。

もし、家に古い雑誌を置きがちなら、前の号や、溜まっても2、3冊ぐらいになったら捨てた方がいいと思います!雑誌が部屋から無くなるだけで、部屋や本棚がスッキリして、その分オシャレな雑貨も置けますよ!

BACK TO TOP